事業内容 business

道路の保全・補修を中心に、皆様の暮らしを支えています。

保全

クリート構造物補修事業

line

スクラップ&ビルドの見直しへ。今ある建設構造物を大切にして、
未来に良い環境を創造します。

下面増厚工法・スーパーホゼン式工法

イラスト(スーパーホゼン式工法/下面増厚工法)施行例(小林橋(広島県)・石見橋(高知県)・今田橋(下松市)・和田大橋(秋田県)・四万十川橋(高知県)・幌長橋(北海道))

詳しくはこちら |日本建設保全協会サイト| へ

炭素繊維シート

炭素繊維シート・上関大橋橋梁補修工事

コンクリート構造物の補強・補修には、軽量・高強度・高弾性に優れた炭素繊維シート

せん断力、曲げ耐力、疲労寿命を向上させ、ひび割れ抑制にも効果があります。

プロテクトシルCIT

プロテクトシルCIT

鉄筋腐食抑制タイプ含浸系表面保護材

プロテクトシルCITは、鉄筋腐食抑制機能を有したシラン系の含浸系表面保護材です。
化学結合させたアミノ基の作用により、コンクリート表面に塗布するだけで深く浸透し、化学反応による吸水防止層を形成するとともに、鉄筋の廻りに保護層を形成し腐食を抑制します。そのため、特に塩害によるコンクリート構造物の劣化対策として効果があります。

リバコン工法

リバコン工法

触媒製化合物でセメント結晶を生成

0.2㎜までのひび割れは、自己修復機能により修復し、防水・止水効果を発揮します。

リバコン工法

走査型電子顕微鏡(SEM)によるセメント結晶写真

詳しい情報はこちらから

橋梁補修/補強全般

山陽小野田市橋梁補修工事(施工前・施工後)
山陽小野田市橋梁補修工事(施工前・施工後)

橋梁補修

コンクリート構造物は、社会基盤としての重要な役割を担っており、耐久性の向上が求められています。しかし、構造物の耐久性を左右する劣化原因と劣化程度は、建設される立地の環境によって大きく異なります。当社は、様々な劣化原因を確実に把握し、最適な補修方法を提案・施工いたします。

背面処理工

鋼製六角パネル(ヘキサロックパネル)敷設

可撓性の踏掛版を構築する工法

背面処理工とは、構造物と土工部の境界に(橋台やBOXカルバートの背面等)鋼製六角パネルとアスファルト混合物の複合体で可撓性の踏掛版を構築する工法です。
踏掛版のない既設橋へ容易に設置が可能です。また施工時間が短いため、工程の大幅な短縮が可能です。

詳しくはこちら
ジャパンコンステック(株)サイト| へ

プロコン40

プロコン40

コンクリート補修用浸透拡散型
亜硝酸リチウム

プロコン40は従来型亜硝酸リチウムの高濃度と性能は維持したまま、内部圧入工法でより拡散するように改良されました。
アルカリ骨材反応(ASR)により劣化したコンクリートにプロコン40を圧入することで、リチウムイオンが反応性骨材を非膨張化するため、以後のコンクリートの膨張を抑制することができます。塩害や中性化などによって内部鉄筋の腐食が始まっている劣化コンクリートにプロコン40を圧入することで、亜硝酸イオンが鉄筋の不動態被膜を回復・生成するため、以後の鉄筋腐食を抑制することができます。

道路橋梁用伸縮装置

萩・三隅道路

●ハマハイウェイジョイント

橋梁の免震・分散設計を考慮し、常時設計伸縮量最大200mm(±100mm)、最大床版遊間(最低温度時)500mmまで対応が可能です。耐久性・耐摩耗性に優れ、安全性と低騒音性を考慮した設計になっています。

詳しい情報はこちらから

●埋設型伸縮装置

舗装の連続舗装化を実現した埋設型ジョイントは、前後の舗装と同程度の性質をもつ舗装材を用いて埋設される一体化構造です。伸縮目地の段差の発生を抑え、騒音・振動の発生を抑制し、安全で快適な走行を可能とします。

詳しい情報はこちらから

ザイペックス工法
(無機質セメント結晶増殖材)

小月バイパス清末地区道路改良外工事
処理前 顕微鏡写真(SEM)・空隙部の拡大顕微鏡写真・処理前 顕微鏡写真(SEM)

欠陥部にセメント結晶を増殖、緻密化!

コンセントレート粉体と所定の清水を練り混ぜてペースト状にしたものをコンクリート表面に塗布または吹き付けます。触媒性化合物がコンクリート深部(約30cm)に浸透し、毛細管空隙やひび割れ界面に新たなセメント結晶が増殖し、コンクリート躯体そのものを緻密化します。

詳しい情報はこちらから

超高圧水洗ケレン

超高圧水洗ケレン

水の力で『洗う』『剥がす』『削る』!

振動性の機器を使用しない超高圧水洗は、騒音や振動が発生しません。さらに水を使用するため粉塵が出ることもなく、周囲への被害を抑制できます。圧力の調整で『洗う』『剥がす』『削る』と仕様書に沿った施工が可能です。

アロンブルコート® Z-X・Z-Y工法

アロンブルコート Z-X・Z-Y工法

コンクリート構造物の『長寿命化』に貢献

コンクリート構造物の再劣化が起こり難く、長期にわたる剥落防止効果(Z-X工法)※や劣化防止効果(Z-Y工法)が期待できます。またコンクリート内部の水分を放出し、ひび割れに対する追従性に優れています。

※メーカーによる押し抜き試験結果は、最大荷重3.2kN(最大変位49mm)です。

Tn-p工法(トンネル裏込補修用
ウレタン注入工法)

Tn-p工法・トンネル裏込補修用ウレタン注入工法施工状況
Tn-p工法・トンネル裏込補修用ウレタン注入工法イラスト説明図

トンネルの老朽化対策に有効な工法

「Tn-p工法」は、古いトンネルの覆工背面の空洞にアキレスエアロン-R(発泡ウレタン)を注入充填することで、トンネルの損傷や災害を未然に防ぐためのトンネル補修技術(裏込注入工)であり、トンネルの老朽化対策に有効な工法です。

お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ0120-76-3610(電話受付/平日8:00から17:00)・ファックスでのお問い合わせ083-927-0600
メールフォームでのお問い合わせ

ページの先頭へ

Copyright © SUNROAD Co.,Ltd. All Rights Reserved.